賃貸住宅をリフォームしたいときに失敗しないためのポイント

リフォームの許可を取る

賃貸住宅のリフォームをするとき、失敗しないためのポイントは大家からの許可です。もし、無許可でリフォームをして後日発覚すれば、大家は原状回復を求めるでしょう。そうなれば、リフォームと原状回復の工事代金を支払わなければいけなくなります。リフォーム前提であれば、不動産会社にその旨を伝えておき、大家から許可を得られた賃貸住宅を借りればトラブルになることはありません。その際には、リフォームをする目的と工事の内容を明確にしておけるようにしましょう。例えば介護しやすい家にするためバリアフリーにしたいと言えば、大家の理解を得やすくなります。なお、建物の維持に必要な修繕費などは大家負担ですが、借主の事情で行うリフォームであれば費用は借主負担です。

原状回復についての確認をしておく

一般的に、賃貸住宅から退去するときには借主は原状回復義務があるので、経年劣化を考慮した上で入居時の状態に戻さなければいけません。しかし、リフォームが認められた物件の場合、原状回復をせずとも良いとする場合もあります。原状回復が不要であれば、退去時の負担が軽くなるので借主は大助かりです。しかし、自己判断で原状回復義務がないと決めつけてはいけません。リフォームの許可を出したのは、原状回復をすることが条件だということもあります。原状回復をするかどうかで大家と揉めれば、最悪の場合裁判で争うことになるでしょう。賃貸住宅のリフォーム失敗したくないならば、事前に原状回復についての確認を済ませておくことをおすすめします。

札幌北区の賃貸料金は地下鉄駅からの距離が大きく影響しており、特にJR駅との接続がある札幌駅周辺は非常に高額に設定されています。